2021年6月の写真

今月の写真/私たちは、あらゆるモノを概念で捉えていることが多いと思います。例えば花や魚は、子どもの描く絵のようなカタチを思い浮かべます。ところが現実には、その概念とはかけ離れた形態に遭遇することがあります。深海魚など、これがサカナなのかと驚くことがあるでしょう。写真の花も、初めて見たときにそんな驚きがありました。不用意に顔を近づけたら、エイリアンのように寄生されそうです。ニゲラという品種の蕾で、和名は黒種草。実に怪しい雰囲気を醸し出しています。花言葉は「当惑」。正にこの容姿に当惑してしまいました。一度、知っているつもりの色眼鏡で世の中を見ることをやめ、まっさらな視点に立ったとき、身の回りは今までと違う新しい世界として目に映るのではないでしょうか。